Skip to Content

不用品回収の方法

大型の不用品はどうやって処分する?

役所の粗大ゴミ収集

家具や家電を買い替えたときや、引越ししたとき、模様替えしたときなどに、大型の不用品が出ることはよくあると思います。大型の不用品というのは、処分に困ることがあります。

大型のものは日常の燃えるゴミや燃えないゴミの収集に出すことができず、粗大ゴミということになります。と言っても、役所もどんな粗大ゴミでも収集してくれるわけではありません。
たとえば、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコンなどは、役所の粗大ゴミ収集には出すことができません。また、粗大ゴミ収集に出せるものでも、有料になるのが原則です。

粗大ゴミ収集を役所に依頼する場合には、事前に予約をした上でゴミ処理券を購入し、指定された収集日に指定された収集場所まで搬出するという一連の作業が必要になります。役所の粗大ゴミ収集では、忙しいとなかなか指定日に出すことができなかったり、一人暮らしだと搬出が大変だったり、不便なことが多いのです。

不用品回収業者に直接依頼

大型の不用品を処分する方法として、役所に依頼する以外に、自分で直接不用品回収業者に依頼するという方法があります。

不用品回収を専門に行っている民間業者というのは多数あります。お金さえ払えば、たいていのものは回収してもらえますから、困ったときには非常に便利なサービスです。

不用品回収業者であれば、役所のように、回収日時を一方的に指定されるようなこともありません。至急回収に来てもらいたい場合にも、電話一本で対応してもらえるケースが多くなっています。

また、不用品回収業者は自宅まで回収に来てくれますから、重たい不用品を自分で搬出する必要もありません。
不用品回収業者なら、不用品をまとめて処分したい場合にも、手間がかかりません。パック料金が設定されていることもありますから、多数の不用品をお得に処分することも可能になります。このように、不用品回収業者は忙しい現代人にとってなくてはならないサービスと言えます。

おすすめ業者②エコピット

東京での不用品回収業者として、圧倒的な支持

東京での不用品回収業者として、圧倒的な支持を受けているのがエコピット。コスパ抜群の「定額制」では、頼んで良かったという声が続出しています。

パック料金の一例を挙げると、「お任せパック/SSパック(家電や家具などを含む、ちょっとしたゴミの回収)12,000円~(税抜)※リサイクル家電4品目とPCは除く」、「軽トラパック/Sパック(押し入れ、1K程度のお部屋の片付けに)25,000円~(税抜)」、「平トラパック/Mパック(1K、1DK程度のお部屋の片付けに)40,000円~(税抜)」、「2tトラックパック/Lパック(2DK、2LDK程度のお部屋の片付けに)85,000円~(税抜)」となります。おまけに、この金額には「基本料金」や「出張料金」は入っていません。

すべてコミコミだからです。加えて、搬出作業費・2階までの階段料金・お掃除作業費・2名までのスタッフ追加料金・車両費・出張費・エアコン取り外し費用・梱包作業もゼロ円で作業をしてくれます。

一度、オンライン無料見積りやフリーダイヤル(0120-900-413)で相談をしてみたらいかがでしょうか。たった3分でおおよその金額を教えてもらえ、24時間・年中無休対応というのも嬉しい限りです。

不用品回収なら24時間対応可能なエコピット

ハウスクリーニングもプロ意識で選ばれるエコピット

ハウスクリーニングもしてくれる不用品回収業者のエコピット。東京渋谷に本社を持つだけに、お客様への対応も自ら厳しく考える会社です。

プロ意識の表れに、ハウスクリーニングを「お掃除本舗」と連携してサービスを行っていることがあります。普通は、自社でもできることでも、いっそうのレベルアップを図ろうとすれば、それぞれの分野でのプロなら完璧な仕事になるということだからです。

その対応の徹底ぶりには頭が下がります。また、0120-032-122へ予約すれば、5%引きにもなるというお得感もあります。これはもう、納得・依頼しないわけはどこにあるでしょうか。

PR

information

家具の中古あげます・譲ります
http://jmty.jp/all/sale-fur

安価に家具・家電が欲しいなら
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/14495